~ピアノの心臓部移植・完全再生~

ピアノのリメイクお任せください

北海道の方のご依頼です。赤エゾ松の響板・響棒(DS響棒)をご指定いただきました。
このピアノに対しては、様々な想いをお持ちのご様子でした。

1. 心臓部の響板・響棒の交換

2. ピン板をドイツ製のものへ交換

3. 外装をアンティークウォルナット艶消し仕上げに再塗装

① 後部外観

② 解体

③ 弦はずし

④ 弦はずし、フレームはずし

⑤ 駒はずし

⑥ 響板はずし

⑦ フレーム再塗装

⑧ 響板・響棒接着

⑨ 響板出来上がり

⑩ 響板・本体接着前

⑪ 響板・本体接着

⑫ 完成、後部外観

⑬ 完成、リメイク後

お問合せ:0538-34-6234
シュバイツァ技研